セフレを見つけるにはアプローチが必要

セフレを探すためにはセフレ掲示板に登録するのがもっとも手っとり早い方法のようで、実際セフレ掲示板に登録してセフレを見つける人は大変多いようです。

ただ大切なのは、セフレ掲示板に登録しさえすればセフレが見つかるわけではないということです。

私の場合も知人に某セフレ掲示板を教えられて早速登録することにしたのですが、しばらくの間なかなか相手を見つけることはできませんでした。

そこで紹介してくれた人に愚痴をこぼしたこともあったのですが、そのときに、なぜ私がセフレを見つけることができないのか丁寧に理由を教えてくれたのでした。

その理由というのは、セフレ掲示板といえども登録しただけで何もしないのではNGということでした。

つまり登録した後も努力が必要だというのです。

そこで私はいい加減に作っていたプロフィールに手を入れ、ただ待っているだけではなくこちからも積極的にアプローチすることに決めました。

結果は嘘のように効果的でした。

毎日のように、たくさんの相手からメールが届くようになったのです。

そして私はそのうちのひとりと毎日何度もメール交換するようになり、すぐに会ってみたいと思うようになったのです。

初めてのデートは一緒に食事。

とても楽しい時間を過ごすことができました。

二回目のデートはまさかの展開で、食事の後はホテルに向かったのです。

そしてそのときの体験は、これまでなかったような素晴らしいものでした。

その後もその相手とはどんなに忙しくても週に一回は会っています。

現在その他にもちょっと気になる人がいて、その人とも近いうちに会う予定です。

セフレの重要性について


セフレというものは必ずしも存在していなければならないのでしょうか?

もちろん、その考え方というものは人それぞれに違いがあります。

セフレというものがなければ日常に潤いというものが与えられていないという感じを覚えるような人もいるかもしれませんし、セフレという存在がいなくても楽しく過ごすことができているという人であればセフレは必ずしも必要という存在にはならないことでしょう。

ただ、セフレというものは時に犯罪のきっかけになってしまうこともあります。

援助交際の類というものもセフレとは全く縁がないということもないかもしれません。

そこに特別な感情というものが生まれない出会いの形という面ではセフレは援助交際との繋がりも深いことでしょう。

子どもたちが犯罪に巻き込まれないように、性犯罪を一つでも無くしていくために大人たちも必死になっているのかもしれませんが、セフレというものを必要としている人たちもいるのです。

世の中悲しいことにセフレというものを憎んだり不必要だと考えている人もいれば、セフレを欲しがり・求めてしまうという人もいるのです。

セフレがいることによって良き性欲の捌け口にしてしまっているという人もいるかもしれません。

欲求不満となっている人も世間には多く存在しています。

そんな人たちにとってはセフレというものはとても価値のある存在になっていることでしょう。

ただ、全ての人には認められていない出会いの形になっているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ